顧客づくりをステージ別に考える(1)

顧客づくりのステップ

事業を継続するために何よりも大事なのは「顧客づくり」です。では「顧客づくり」のためにやるべきこととは何でしょう?それは、アプローチしようとする相手が、今どのステージにいるかによって変わってきます。その大まかなステージを表・・・

頑固者の元軍人が最後につけたけじめとは―映画『グラン・トリノ』

映画

ここでは経営や生き方のヒントになるような映画をピックアップしてご紹介します。今回の作品は、妻を亡くした頑固者の元軍人と、その隣人でモン族の少年タオとの心の交流を描いた『グラン・トリノ』です。 妻に先立たれた元軍人のウォル・・・

コーヒーを淹れながら考えたこと

コーヒー

今年もこのブログ「ニュースレターのツボ」をどうぞよろしくお願い致します。 皆さんはお正月はどんなふうに過ごされましたか? 私は今年は帰省せず、福岡で家族4人で正月を迎えました。氏神様にお参りした以外は出かけることもなく、・・・

先駆者は血を流すもの―映画「マネーボール」

映画

ここでは経営や生き方のヒントになるような映画をピックアップしてご紹介します。今回の作品は実在の米プロ野球球団のGM(ゼネラルマネージャー)が主人公の野球ドラマ『マネーボール』です。 主人公ビリー(ブラッド・ピット)は、貧・・・

ナイキ創業者の赤裸々な自叙伝―『SHOE DOG』

本

皆さんは「ナイキ」にどんなイメージを持っていますか?「カッコいいスポーツブランド」とか、「総売上3兆円を超える世界的な一流企業」というイメージを持たれる方が多いかと思います。 実はそんなイメージを覆すようなナイキ創業者の・・・

2017年に観た映画総まくり

映画

毎月発行している私のニュースレターでは、経営者向けに経営や生き方のヒントになるような映画を新旧問わず紹介しています。 そちらとは別にこのブログでは、今年2017年に映画館で観たものに絞って、忘備録程度に書き留めておきます・・・

読まない・信じない・行動しない、の壁を超えるには(2)

社会的証明

前回に続き、マクスウェル・サックハイム氏が唱えた「広告における人間心理の三原則」の話です。「Not Read(読まない)」に続いて今回は「Not Believe(信じない)」、「Not Act(行動しない)」です。 No・・・

自分の意見をしっかりと持っていますか?―映画「十二人の怒れる男」

映画

このコーナーでは、毎回、経営や生き方のヒントになるような映画をピックアップして紹介しています。今回の作品は、12人の陪審員によって一度有罪になりかけた評決が逆転無罪となる議論の様子を描いた『十二人の怒れる男』です。 父親・・・

読まない・信じない・行動しない、の壁を超えるには(1)

ゴミ箱

あなたの商品やサービスを見込み客に買ってもらうためには、何かしらの「情報発信」が必要です。 情報発信といっても、ブログやフェイスブック、ニュースレターといったものだけではなく、セールスレター(ダイレクトメール)やチラシも・・・

善は悪から生まれる?―映画「オール・ザ・キングスメン」

映画

今週日曜日に迫った第48回衆議院総選挙。今回ピックアップした映画は、今のタイミングでぜひ観てほしい1本、『オール・ザ・キングスメン』です。 <あらすじ> 理想主義的な考えを持ち、政治浄化を訴える正直者の小役人・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ