手帳術の本がたくさんありますが、まずは自分にあった手帳を見つけることが一番大事かな、と。

毎年この時期になると、文具店に一斉に手帳やカレンダーのコーナーができますね。そして私も、天神のインキューブで早々と来年の手帳を買いました。

会社勤めの頃は、それほど細かいスケジュールを気にする必要がなかったので、手帳もポケットサイズのものや、システム手帳、電子手帳とその時の気分で変えていってましたが、今の仕事を始めてから、とにかくスケジュール管理がしやすいことが最優先となり、3年前に探しに探してようやく自分にピッタリの手帳に巡り合えました。それ以来、毎年この手帳にしています。

バーティカル型」と呼ばれているこのタイプは、時間軸が縦方向に進んでいき、予定を横書きで書くようになっています。空いている時間のブロックが視覚的に分かりやすいので、予定を変更したい時に、どこが空いているかがすぐに分かるようになっています。

いずれにしても、新しい手帳を買うなら、種類が豊富な今の時期に買うほうが、自分にピッタリの手帳に巡り合えそうですね。

手帳

↑昨年は黄、今年は赤、来年は緑。色だけは毎年違う色にしております。メーカーはHIGHTIDE

↓これがバーティカル型の手帳です。

バーティカル手帳