“売り方には、五通りある。つまり「店頭販売」「訪問販売」「媒体販売」「配置販売」「展示販売」である。この五通りしかないのである”

牟田學『打つ手は無限』より

販促の手法について相談を受けることがありますが、話を聞いてみると、現状の手法のままでどう売り上げを伸ばせば良いか、という話に終始することが多いようです。

いろいろやってみた結果、今の現状があるのであれば、それは根本から見直すことも必要ではないかと思います。店先でお客様が来るのを待っているだけでなく、こちらから販売に出かけていくのも手だし、ネット販売に着手してみるのもいいかもしれません。

グリコが富山の置き薬から学んで「オフィスグリコ」をサービス化したように、これまでの枠にとらわれない方法がないか、もう一度考えてみてはいかがでしょうか?