日経MJ

本日の日経MJ紙より。

3回連続掲載「サービス業総合調査」の最終回。今回、目をひいたのは「トランクルーム」サービスの伸び。他のサービスが売上げ低迷や減退しているなかで、トランクルームは、18.3%と急激な伸びになっている。

トランクルームというのは、オフィスビルの遊休スペースを収納スペースとして提供するもので、いわば空き地を建物が建つまで駐車場として提供するのと同じ。「用途変更型サービス」と呼ばれるものだ。

しかも業界トップの会社で、52億の売上げ。トランクルームだけで1つの業界となっているが、意外に福岡ではまだそれほど目立たないサービスのように思う。(…って、私が目にしてないだけ?)。売上げランキングを見ても、上位35社のほとんどが東京、大阪の企業だ。福岡のオフィスビルもかなり空きが目立つので、おそらくこれから福岡の街にももっとトランクルームが増えてくるのでは、と思う。

福岡でニュースレター作成するなら、RAKUPA。ニュースレター作成の秘訣はこちらをクリック!