昨日、12月8日はジョン・レノンの命日。ビートルズを聴いて育った私(たち世代)には特別の思いのある日だが、それは30年近く経った今でもあまり変わらない。

私が18歳の時。大学受験を前にナーバスになっていたある日の朝。母親から“正ちゃん、正ちゃん、大変!ジョンレノンが亡くなったよ”と体をゆすって起こされ、テレビのニュースを見て、愕然とした時のことをいまだに覚えている。

その日は学校に行く気がしなかったが、しかたなく登校してみると、案の定、音楽仲間の友人は来てなかった。あとで聞くと、1日中、ジョンのレコードを聴いていたという。

…と書いているときりがないのでここいらでやめとこう。

そんななか、礒一明氏のブログに興味深い話が載っていた。この方は米国在住のインターネットマーケターで、スピリチュアル系にも強い方(私もこの方のWEB戦略セミナーを以前受講したことがあります)。その礒氏がなんとジョン・レノンとのチャネリングを行なったというのだ。ここだけ聴くと胡散臭い話に聞こえるし、実際、私もチャネリングというものは信じなくもないが、信じているわけでもない。

彼自身もそのことについて、

日本では、チャネリング、つまり、あの世へ

逝った魂との交信と言うと、信じる人と信じない


人に分かれやすいトピックかと思います。




これは、神、もしくは創造主の存在を


信じるかと同じように、議論をして


決着をつけるトピックではないと思っています。




また、実は、信じるかどうかも、問題では


ないかと思っています。




大切なのは、そこにあるメッセージに


学べるところがあるか。

と書いてある通り。私もまさにそう思う。ジョンほどの影響力のある人間が、ああいった暴力的な死で亡くなったからこそ、いまだに語り継がれ、そのたびにみんなが一瞬でも平和について考える機会があるということは、確かに意義のある死だったのだ ─と思いたい。 私も日頃、平和について考える機会はめったにないが、年に一度くらいはじっくり考える日があっていい。

礒一明氏のブログ