井原西鶴「日本永代蔵」より。

「人には知恵才覚にかかわらず、貧病という苦しみがあります。これをなおす治療法はありますか?」


「それでは、「長者丸」という妙薬の処方をお教えしましょう。早起き5両、家職20両、夜業(よなべ)8両、始末10両、健康7両。この50両を砕いて、朝夕飲み込めば、長者にならないことはない」。


つまり、「朝は早起きして、仕事に精出し、夜は遅くまで働く。節約と健康に気をつければ、誰でも金持ちになれる」ということ。江戸時代の話ながら、そのまま現代にも通じる。そして、まるでランチェスター戦略の時間対策みたいな話だ。面白い。

福岡でニュースレター作成するなら、RAKUPA。ニュースレター作成の秘訣はこちらをクリック!