ネットの一部で話題のセブン&アイ 鈴木会長のインタビュー「なぜセブンイレブンでバイトをすると学生でも3カ月で経営を語り始めるのか?」。

livedoor ニュース – アルバイトに任せすぎ? セブン・イレブンの経営術に疑問の声

以下、鈴木会長の言葉。

  • 「要は自分の存在価値がそこにあるかどうかです。人間は善意の生きものですから、自分を啓発する力を誰もが秘めています。」
  • 「本人に責任を持たせると同時に、失敗してもそれを活かせるようにする。部下は自己啓発力を持つ一方で、自己正当化を図る存在でもあります。失敗すると理由を並べ、つじつまを合わせようとします。それを鵜呑みにしたら部下は育ちません。」
  • 「教育とは答えを教えることではなく、気づきを与えることです。部下が自己正当化を始めたら、限界意識が芽生えている表れで、あえて部下を追い詰めて今の方法では駄目だと気づかせ、殻を破らせる。」

こんな組織内の自己実現の仕組みがあるからこそ、セブンイレブンがトップにい続けられるのだと思う。ネット上では“アルバイトの安い賃金でそこまで高度な仕事を任せるのはどうなのか”、という疑問のコメントも寄せられているようだが、そうった意見は「人はなぜ働くのか」の意味を理解していないのではなかろうか。

福岡でニュースレター作成するなら、RAKUPA。ニュースレター作成の秘訣はこちらをクリック!