4月15日付けの日経MJ紙を見て驚いたのは、雑誌「sweet」の10周年記念広告。なんと全段4ページで、うち2ページは、最新号のほぼ全ページにあたる374ページを掲載したもの。

↓小さすぎて読めませんが。
日経MJ

最新号はなんと60万部。雑誌が売れない時代にあって、この部数は驚異的。
誌面のなかに渡辺編集長の言葉が載っていた。

「春を迎えても、まだまだ世間は『冬の時代』といわれています。
ですがそんな中にあっても、変わらずに元気でいつづける人たちを、ご存知ですか?

それは女の子。
不況だろうとおしゃれはやめない、そのパワー。
どんな状況でも物欲を捨てない、そのエネルギー。
「sweet」が、今号ついに60万部というファッション誌でNo.1の発行部数を達成できたのも、きっとそこに秘密があるのだ、と私は思います。」(以下、略)

元気な読者を相手にするには、編集者たち自身が元気でなくてはならないし、読者をアッといわせるような企画を作り出さなければならない。この企画広告にはそんな編集者たちの「熱」を感じる。


↓戦略なくして生き残れない時代です。ぜひご参加ください!
4月24日(金)18:00「山内経営コンサルティング「この不況を乗り切るための「3つの仕組みについて」セミナー開催! 詳しくはこちら。

“ニュースレター作りは面倒”と思っている方こそぜひ。
↓↓無料サンプル版はこちら↓↓
ニュースレター資料請求バナー