昨日に引き続き、今日も映画の話。「レッドクリフ PartII」。

レッドクリフ

事業を行なう立場ゆえ、しかも個人事業主という超零細企業なので、弱い立場のものがいかに戦うかという話には非常に興味を持ちます。

この映画も監督が大好きなジョン・ウーだからとか、ヒロインのリン・チーリンが美人すぎるからとか以上に、どのような戦略で戦うかという点に一番興味があったわけで。

そもそも私は「三国志」を読んでないので、三国志についてはいくつかのエピソードしか知りませんでしたが、この映画を観て、魅力的な人間像、知略の数々に魅了されました。

特に私が面白いと思ったのは「相手にいつ攻め入るべきか、そのタイミングをどうやって掴むか」の部分です。

80万の兵を率いる魏国・曹操軍に対し
て、呉・蜀の連合軍はたったの5万。どう考えても勝ち目がなさそうに思えるのですが、天候・地形を調査・分析し、まさにこのタイミングで!という時に一気呵成に攻める、攻める!

結局、弱い立場の者は自分の少ない資源のレバレッジを最大に効かせるために、周りの資源(それは自然環境ですら)をいかに自分に有利なものにして使うか。そのためには、「戦略」がもっとも重要ということですね。


↓戦略なくして生き残れない時代です。ぜひご参加ください!
4月24日(金)18:00「山内経営コンサルティング「この不況を乗り切るための「3つの仕組みについて」セミナー開催! 詳しくはこちら。

“ニュースレター作りは面倒”と思っている方こそぜひ。
↓↓無料サンプル版はこちら↓↓
ニュースレター資料請求バナー