店舗向けに携帯メールシステムのサービスを提供している方から、「ニュースレターのサービスと何かしら提携できるのでは?」と打診を受ける。

確かに顧客との関係性づくりという点では、どちらも目的が同じ。その人に携帯メールのサービスを見せてもらったが、これがまたかなり進化していた。

携帯メールシステムの場合、顧客のメルアドをいかに取得するかが一番のポイントなのだが、そのシステムだと、会計のレジで携帯をかざすだけですぐに登録できる仕組みになっている。これはスゴイ!

このサービスを提供している親会社は、最近になって代理店制度をFC方式に変えたようで、これから一気に拡がっていきそうな気配も。

私としては、そこにニュースレターをどうからませるかなのだが、組み合わせ方によっては面白いかもしれない。ハイブリッド車がガソリンと電気を組み合わせたのなら、携帯とニュースレターを組み合わせてハイブリッド販促というところか(笑)。