昨日は、けいよくセミナーを開催。講師は富裕層マーケティング専門の岡漱一郎さん。セミナーの話のベースはランチェスター戦略なんですが、これまでのランチェスター系の話では聞いたことがない話が多く、新鮮な驚きでした。

セミナー風景P1020722_w

富裕層とは、金融資産から負債を差し引いた「純金融資産」が1億円以上らしいですが(こちらから引用)、自分のまわりにいなさそうなので(笑)、そのライフスタイルが今ひとつピンときません。

岡さんの話。
これまで中流階級だった層は、低所得者層と富裕層へと二極化していて、大手企業やマスコミは低所得者層をメインターゲットにして商品や情報を出している。なので富裕層の情報はマスメディアでは扱われにくい。が、実際には富裕層は統計上も増加しているし、その層が所有する資産の割合も次第に上がってきているという。だから富裕層向けのマーケティングをしっかり行えば、商品・サービスの単価を上げて、しかも良い客層に恵まれるのだというのが、岡さんの話の骨子です。

これ以上の詳しい話は書けませんが、岡さんは月一回は福岡で「福岡経営戦略ジム」を開催されているようなので、興味のある方はぜひ。