経営学に最初に「戦略(Strategy)」という言葉を用いたのは、アルフレッド・D・チャンドラーという経営学者だそうだ。

氏の1962年の書「経営戦略と組織」という本に詳しく書かれてあるらしいのだが(私は未読)、1962年といえば、私が生まれた年。まだ50年も経ってないことになる。

最近は経営を語るうえで「戦略」という言葉は切っても切れないぐらい密接な関係に思えるが、実は半世紀も経ってない考え方ということになる。

日本は世界的に見ても「老舗」の多い国だが、果たしてその老舗の人たちは「戦略」的な考え方で、これまでやってきたのだろうか、とふと思う。

いずれにしても顧客を向いていない戦略は成り立たないのは間違いないだろう。

↓そんな話ももしかして飛び出す???セミナーはこちら。


顧客づくりの戦術なら「ニュースレター

【今後のセミナー】

開催迫る!残席わずか
2月8日(月)18:00九州ベンチャー大学でゲスト講師(園田は20分ほど担当)

2月17日(水)19:00博多商人塾「ニュースレターの達人」(ニュースレターについて2時間半みっちりやります)

2月26日(金)18:00けいよく「ぢどり長屋・澤井氏」の客層戦略(園田が幹事メンバーになっている会主催のセミナーです)