今日、仕事の合間に読んだ一冊。

戦わない経営

30分もあれば読み終わるページ数だが、そこに書かれてあることは深い。

  • 経営は関わるすべての人を幸せにする仕組み。
  • 自力で、火をおこすのは大変なこと。でもいったん火がつくと、それは分け放題。
  • 優れたビジネスは、ポジショニングが徹底的に考えられている。
  • みんなが同じだと、競争が始まってしまう。それは、いつか、戦いにつながる。だから、違いを認めよう。違う自分を認めよう。ビジネスの世界では、違いは価値になる。
  • 誰でもできることでも、それを、誰もやらないくらいにやると、輝いてくる。
  • 仕事とは喜ばれること。
  • 「お客さんは大切な親友」だって思って、仕事をしていたら、なぜか、とつぜん、すべてがうまく流れ始めた。
  • 大きい会社ではなく、強い会社でもなく、優秀な会社でもなく、愛される会社に、私たちはなりたい。

読み終わると、なんだか不思議な力が沸いてくるような本だ。

続きはまた明日


顧客づくりの戦術なら「ニュースレター