先日、NHKで再々放送された「矢沢永吉×糸井重里 対談 “お金のことを、あえて。”」を観た。これがキョーレツに面白かった。

貧乏だった子供時代の経験をバネに、デビュー時からお金を稼ぐことにこだわった矢沢。

制作会社にまかせていたのでは、お客を本当に満足させるステージができないと考え、自ら制作会社を立ち上げた矢沢。

詐欺に遭い、30数億の借金を抱えながら、自己破産はせずにすべて完済する道を選んだ矢沢。

どの姿からも彼のブレない生きざまが見えてくる。

これまでミュージシャンとしての彼の姿しか見たことがなかったが、今回のインタビューで、いかに矢沢という男が信念を持ち、筋を通すことにこだわった人間かが分かった。

また、デビュー当時からの盟友である、糸井重里氏のインタビューも非常に良かった。

今回の放送が再々放送だったので、次回の放送があるかは分かりませんが、もしあった時は必見です。

糸井重里氏のサイトより。

20100928糸井×矢沢


顧客づくりの戦術 なら「ニュースレター

【今後のセミナー予定】
■10月22日(金)けいよくセミナー「小さな会社はブルーオーシャン戦略で儲けなさい」(講師:ブルーオーシャンコンサルティング株式会社佐藤克行氏) 詳細・申し込みはこちら

■11月7日(日)「ムーブ女性起業家支援塾」(講師多数。園田は1コマのみ話します)主催:北九州市ムーブ

■11月下旬「PR戦略セミナー」(講師:園田)主催:福岡市創業支援課