今日12月6日付けの日経MJ紙3面「底流を読む」のなかで、セブン&アイ・ホールディングスの伊藤雅俊・名誉会長が座右の銘にしている「商人の道」という短文が紹介されていました。

記事中では全文は紹介されてませんでしたが、気になって検索してみたら、こちらに全文がありました。作者が誰かは分からないそうですが。

慶応MCC夕学五十講」楽屋blog

「商人の道」

農民は連帯感に生きる
商人は孤独を生甲斐にしなければならぬ
總べては競争者である

農民は安定を求める
商人は不安定こそ利潤の源泉として
喜ばねばならぬ 

農民は安全を欲する
商人は冒険を望まねばならぬ
絶えず危険な世界を求めそこに
飛込まぬ商人は利子生活者であり
隠居であるにすぎぬ

農民は土着を喜ぶ 
大地に根を深くおろそうとする
商人は何処からでも養分を吸い上げ
られる浮草でなければならぬ

その故郷は住む所すべてである 
自分の墓所はこの全世界である

先祖伝来の土地などと云う商人は
一刻も早く算盤を捨てて鍬を取るべきである

石橋をたたいて歩いてはならぬ
人の作った道を用心して通るのは
女子供と老人の仕事である
我が歩む処そのものが道である

他人の道は自分の道でないと云う事が
商人の道である

(以上、引用)

記事中にも書いてありましたが、農民をサラリーマンに置き換えれば、今の日本企業への批判として読むことができます。

…というか、まさに、自分が会社勤めしていた頃は農民そのものだったなァ、と思います。

5年前に三叉路につきあたり、その時に商人の道を選んだわけです。それ以来、でこぼこした荒れ地をたどたどしい足取りで進んでますが、なかなか楽しんで進んでおります。毎日が冒険です(笑)。


さて、いよいよ今週12月10日(金)開催です!

お忘れではありませんか?

けいよく忘年会「冬の陣」

参加者 募集中!

ここをクリック!
園田と酒を酌み交わし、
商人の道を語り合いましょう(笑)。


顧客づくりの戦術なら「ニュースレター
↓↓無料サンプル版↓↓
ニュースレター資料請求バナー