先日、靴を新調。

「R」という某ブランドの靴をいつも買うのは、私の場合何度もリペアして履き続けるのでその対応の良さが大事だから。

その日いつも買う店でなく、たまたま通りかかったそのショップに何か魅かれて入り、そろそろ買い換えねばと思っていたローファーを買った次第。

私がその時履いていたのは、スニーカーと冬用の厚手の靴下だったのだが、私が厚手の靴下を履いているのに気付いたお店のスタッフさんがすぐに薄手の靴下を用意してくれたのもかなり高ポイント。

靴屋で靴下を用意してくれるのは別に目新しいことではないと思うが、その対応ぶりや商品に対しての知識が必要かつ十分な感じだった。

私が買ったローファーにはもう1ランク上の商品があったのだが、“こちらはリペア料金がちょっと高くなってしまいます”という一言も信頼度UP。

販売やサービスの現場では、バントで塁を進めて点を稼ぐようなちょっとした積み重ねが大事。逆転ホームランを狙う必要はない、と思ったひとコマでした。

_regal_P1010663


顧客づくりの戦術なら「ニュースレター
↓↓無料サンプル版↓↓
ニュースレター資料請求バナー