世の中大変なことになっていて、テレビの報道にかじりつきたくなる気持ちもわかりますが、被災していない私たちはいつも以上に活動して、世の中のお金が回るようにしましょう。それが少しでも復興に役立つことだと思います。

さて、こんな時だからこそみるべき映画があります。私もよく知っている映画宣伝の専門「プロジェ」さんが自主企画で行なう上映会です。

今回の作品は『ベンダ・ビリリ!~もう一つのキンシャサの奇跡』。内乱、独裁政権、地域紛争などで国民の生活状況が非常に劣悪なコンゴ民主共和国(旧ザイール)で、誕生したバンド「ベンダ・ビリリ」。

実は彼らは路上生活者であり、しかも8人のメンバーのうち5人が身体障がい者という、音楽活動をやっていくだけでも困難な状況におかれた人たちなのです。

この映画は、そんな彼らに出会ったフランス人監督2人がその音楽と生き様に触発され、彼らのCD制作を支援しながら、ヨーロッパ・ツアーを成功させるまでの5年間のリアルなドキュメンタリー。

私も試写で観ましたが、彼らの前向きな姿に非常に感銘しました!どんな逆境にもめげない彼らの姿をぜひ観てもらいたいと思います。

なお、今回の会場は映画館ではありません。普段はギャラリーとしてつかっている場所で、1回の上映で30名ほどしか入れません。暖房もあまり十分ではないので、温かい恰好でどうぞ。

詳細に関しては、主催であるプロジェさんのサイトをご覧ください。

>プロジェ「『ベンダ・ビリリ!』上映会決定!

3月18日(金)19:00☆
3月19日(土)11:30☆ / 14:30 / 16:00 / 18:00
3月20日(日)11:30☆ / 14:30 / 16:00 / 18:00

※☆上映後アフタートークあり
※3月19日(土)と20日(日)の16時の回ですが、上映時間調整ミスの為、最大で15分程度ずれこむ予定です。皆様に大変ご迷惑をおかけしますことを心よりお詫び申し上げます。

上映会場:
福岡市中央区大名1-14-28 第一松村ビル

紺屋2023 2階「konya-gallery」