ちょっと前(8月中)に観た映画の一本。「ハリー・ポッターと死の秘宝PART2」

2011_08ハリーポッター7-2a

今回でようやく完結。結局10年かかりましたね。でも10年見続けたことで別の楽しみができました。それは主人公が成長していく様をリアルに感じられたこと。この「成長」というのは内面的なこと以上に、実際の年齢も10歳分経験したという意味のほうが私には大きいです。

思えば、私は「北の国から」をほとんど観たことがなく、「北の国から」ファンの方がよく、“あんなに小さかった純と蛍がこんなに大きくなって…”と目を細めながら言うのをなんとなく悔しい思いをして聞いていたわけです(笑)。

でも、そんな私にもようやく同じフレーズを使うことができるようになりました。“あんなに小さくて可愛かったハーマイオニーがこんなに美人になって…”

映画の話はもちろん完結編だけあって、見応えあります。もちろんこれまでのシリーズを観ている人にはですが。

経営者としてのあなたの生き様を言葉で紡ぎます。
「メッセージ型プロフィール文章作成サービス」こちら