余命30日と宣告を受けたら、あなたはどうしますか? しかもその理由がHIV感染だったら? 今回紹介する映画は、実話を基にした映画『ダラス・バイヤーズクラブ』です。
映画

電気工でロデオカウボーイの主人公ロンは、酒とドラッグと娼婦が好きで、ゲイを毛嫌いする典型的なテキサス男。そんな彼がHIV陽性と診断され、余命30日だと言い渡される。1985年当時はHIVに対する偏見や誤解も多い時代、同性愛者でもないのになぜ?と怒りを周囲にぶつけるロンだったが、偶然出会った性同一性障害でエイズを患うレイヨンと一緒に、国内未承認の薬を頒布する「ダラス・バイヤーズクラブ」を設立。米国政府・医療業界を相手に戦いを挑むのだった…。

<みどころ>余命30日と宣告を受けたら、あなたはどうしますか? 多くの人は自暴自棄になるか、逆に諦めて静かに最期を迎えようとするのではないでしょうか?
 
しかしこの映画の主人公は違います。宣告を受けてから、独学で先進医療について調べ、さらに世界中を駆け回ってその治療薬を入手することで、余命30日を超えて生き続けます。
 
さらにおなじHIV患者を助けるために、密輸薬で延命させるのです。しかもそのビジネスモデルが秀逸! 密輸品を販売すると違法になるので、有料会員制のクラブを作り、薬は無料で配布するという仕組みにしたのです。
 
このバイタリティたるや、とても病人とは思えません。実話を基にした話だけに尚更うならせる物語です。

「諦めるか、諦めずに戦うか。すべては自分次第。」…そう感じさせる一本です。