ここでは経営や生き方のヒントになるような映画をピックアップしてご紹介します。

今回の作品は、進学校を舞台に、若者に生きる意味を考えさせるドラマ『いまを生きる』です。

映画

<あらすじ> 舞台は1959年の米国バーモント。全寮制の名門進学校に英語教師ジョン・キーティング(ロビン・ウィリアムス)が赴任してくる。教科書を破ったり机の上に立たせたりする彼の型破りな授業は、厳格な校風に縛られてきた生徒たちにとって刺激的なものだった。詩の美しさや人生の素晴らしさを説くキーティングに惹かれていった生徒たちは、彼がかつて学生だった頃につくった同好会「死せる詩人の会」を復活させるのだが…。

<見どころ> 青春映画といって最初に思い出すのが、この作品です。キーティングのような教師は夢や理想であり、彼に影響を受ける生徒たちもピュア過ぎます。ストーリーも高校演劇のように青臭いです。それでもこの映画が発するメッセージは観る者にストレートに訴えかけてきます。映画のなかでは様々な詩人の言葉が引用され、そのどれもが印象的です。そしてキーティング先生の「先入観にとらわれず、自分の感性を信じろ。そして今を生きろ」という言葉は、胸に深く突き刺さります。ドラマの舞台となる米国バーモントの秋の風景がとても美しいのも見どころです。

S.SonodaS.Sonoda

「有名な映画なので既に観ている方も多いと思いますが、未見の方はぜひこの映画の発する熱に触れてみてください。」

『いまを生きる』
監督:ピーター・ウィアー
出演:ロビン・ウィリアムズ、ロバート・ショーン・レナード、イーサン・ホークほか
上映時間:128分
製作国:アメリカ
日本公開:1990年