ステップメール、メルマガ、ニュースレターを書く時に一番大事なこと。

見込み客に向けて、ステップメール、メルマガ、ニュースレター、その他のツールを使ってメッセージを送る時に一番大事なこと。それは「分かりやすい文章で伝える」ことです。

分かりやすく伝える

専門的な仕事をしている人、例えば、コンサルタント、士業、あるいは何かの職人。そうした人たちの使う言葉は得てして難しい専門用語が多いですよね。

確かにその業界の専門用語を使えば一言で説明できるので、ついそうした用語を使ってしまいがちですが、それが伝わるのは同じ立場の人だけでしょう。

見込み客とは、その業界のことを知らない素人同然の人と考えるべきです。そういう人たちに向けて伝えるメッセージは、専門用語を極力避けて、細かく噛み砕き、分かりやすいたとえ話などを用いながら伝えることをお勧めします。

いわば、”会社訪問に来た中学生に向けて話す”ようなレベルでちょうど良いのではないでしょうか?

もちろん「専門用語をすべて封印しましょう」ということではありません。見込み客から見たら、あなたは良きアドバイザーですから、ここぞという場面では「さすが、専門家!」と思ってもらう必要があります。伝える内容は噛み砕いてわかりやすく伝え、「これを専門的には◯◯と言います。」といったように伝えると、分かりやすい上にプロらしさも感じさせることができます。

プロらしさとは、何がそう感じさせるのかと言えば、その人が専門にする分野の「広さ」と「深さ」です。

例えば、健康食品会社の場合。「うちのサプリはダイエット専門。ダイエットならお任せ」という会社があるとします。「世の中にどんなダイエット法があるのか?」「そのダイエット法に向いているのはどんなタイプの人なのか」といったように「ダイエット」について深く極めていくこともできますし、「食べ物以外でダイエットするには?」「ダイエットにメンタルは関係あるのか?」「健康を考えるうえでダイエットの意味は?」といったように、ダイエットを中心にしながら裾野を広げていくこともできます。その広さと深さ両方が備わった人の話はとてもプロらしい話になります。

あなたが、見込み客向けに発信しているメッセージは分かりやすいものになっていますか?

ステップメール代行サービスはこちら

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ