こんにちは! ニュースレター作成支援家・ソノショーです。

【ニュースレターに何を書くか その1】
ニュースレターには「代表者の言葉」を入れる

ニュースレター作成のツボ

ニュースレターのネタとして欠かせないものに、「代表者の言葉」があります。それは「お客様へのメッセージ」的なものでも良いですし、「ご挨拶」的な親しみの持てるようなものでも良いと思います。
大事なのは、短くても良いので会社やお店の代表の方の「言葉」がニュースレターに入っていることです。ニュースレター作りを担当者任せにするのでなく、短い言葉でも良いので、何かしら代表の方の言葉が入っていることが大事です。それによってお客様は、信頼を寄せるようになるのです。

では、具体的にはどんなことを書けばよいのでしょうか?私がお勧めしているのは、例えばこんなものです。
・仕事を始めたきっかけ
・仕事への想い
・会社の足跡
・自分の趣味や特技
・自分の家族、特に自分の子どもにまつわる話
・自分が子どもの頃の話
・ちょっとした失敗談
・社内でのエピソード
・心温まるちょっといい話
・旅行記や体験記
・最近のニュースで感じること
・自分が感動した本や映画
・マイブーム(自分が最近ハマっているもの)
いかがでしょうか? 全部を網羅する必要はありません。どれか自分が書きやすいネタでまずは書いてみましょう!
それではまた次回。

顧客の心をがっちりつかむ「RAKUPAのニュースレター」の実例を無料進呈!ニュースレターのサンプルお申込みはこちら

ニュースレター無料サンプル