こんにちは! ニュースレター作成支援家・ソノショーです。

今回のテーマは…、
【ニュースレターに何を書く? その3】
ニュースレターのなかでお客様とのコミュニケーションを行なう。

ニュースレター作成のツボ

ニュースレターを出していて気をつけないといけないのが、「会社やお店からの一方通行のメッセージになっていないか」ということです。
ニュースレターの目的は、「お客様との絆づくり」ですから、ニュースレターの中身もお客様とのやりとりができるように作りたいですね。ニュースレターを出していると、お客様からの反応が少しずつ出てきます。「いつも読んでいるよ」とか「今回のあの記事は面白かった!」といったものです。その中には商品やサービスについての感想・感謝・疑問・質問・クレームもあるかと思います。
ひとりの方がある質問を投げかけてきたとすると、もしかしたら同じような疑問を他のお客様も持っているかもしれませんね。ニュースレターを通してその疑問に答えてあげると、質問を投げかけなかった方への回答にもなります
ニュースレターの中でお客様とのコミュニケーションを深めるには、あらかじめ「お客様とのコミュニケーションを行なうコーナー」を用意しておくことです。
一番分かりやすいのが「お客様の声」のコーナーですね。お客様から届いた感想を、皆さんがコメントを付けて紹介するのが一般的です。
ここで大切なのが、お客様から届いた声を羅列するのでなく、必ずひと言コメントを添えるということです。お客様の声を掲載したたけでは、やはり一方通行なのです。そこに短くてもいいので、皆さんの言葉がひと言入るだけで、ようやく両方向のメッセージとなるわけです。
“でも、肝心のお客様の声がまだ届かないんだよ!”とおっしゃる方もおられるかもしれませんね。次回は「お客様の声の集め方」について紹介したいと思います。
それではまた次回。

顧客の心をがっちりつかむ「RAKUPAのニュースレター」の実例を無料進呈!ニュースレターのサンプルお申込みはこちら

ニュースレター無料サンプル