こんにちは! ニュースレター作成支援家・ソノショーです。
さて、今回から新テーマです。
【ニュースレターの役割 その1】
ニュースレターの一番の役割は「お客様との絆づくり」。

ニュースレター作成のツボ

これまでの記事にも何度も書いていますが、ニュースレターをお客様に出す目的は、「お客様との絆づくり」です。ここから外れてしまうと、いくら見た目がニュースレターのように見えても、それはニュースレターとしての役割を果たしません。

 

ニュースレターは見た目は、ダイレクトメールのように見えます。多くのお客様に一斉に出す郵送物なので、それは仕方がないのですが、それはあくまでも見た目のこと。本質的には、「お客様のことを想って出すお便り」なのです。
あなたが友人から受け取ったお便りに、何か売り込み的なことが書かれてあったらどんな気持ちですか?その友人への気持ちがサア~ッと引いてしまったりしませんか?
自分が受け取る側の場合は、そうしたちょっとしたことに敏感になるのに、自分が伝える側にまわると、そうしたことに意外に鈍感になってしまうことがよくあります。
もちろん最終的には、お客様に何か買っていただくことにつなげていくわけですが、まずはお客様からの信頼を得ること。そのお客様と末長くお付き合いできる関係性ができたうえで、いろいろなご商売を展開していけばよいわけです。
それではまた次回。

顧客の心をがっちりつかむ「RAKUPAのニュースレター」の実例を無料進呈!ニュースレターのサンプルお申込みはこちら

ニュースレター無料サンプル