おはようございます! ニュースレター作成支援家・ソノショーです。
ニュースレターの作り方の話を進めます。
【ニュースレターの作成 その6】
読みやすいニュースレターの大きさは?

ニュースレター作成のツボ

私のところには、日々いろいろな会社やお店からニュースレターが届きます。中身もさまざまですが、大きさやページ数も本当にバリエーション豊富です。
大きく広げて新聞のように読ませるものから、逆に小さく作ってページ数を増やしたものまであり、読む側としてはそれはそれで楽しいのですし、他のニュースレターとの差別化にもなりますが、読みやすさという点で考えるとあまり極端なものは避けたほうが良いように思います。
では、読みやすいニュースレターとはどのくらいの大きさでしょう?
私がいろいろなニュースレターを読んでいて、読みやすいと感じるのはB5サイズからA3サイズです。
大きさ順に並べると、
B5(182mm×257mm)
A4(210mm×297mm)
B4(257mm×364mm)
A3(297mm×420mm)
です。
紙や雑誌などのサイズはA判とB判があり、数字が1つ大きくなると紙のサイズは半分になります。ですから一番大きいのは、B0判(ビーゼロばん:1030mm×1456mm)です。これはポスターなどに使う用紙です。
ニュースレターはたいてい郵送して送ることになりますから、B5判、A4判サイズならそのまま折らずに角2封筒に入れて送れますね。自社でニュースレターをプリンタ出力して送る場合は、サイズによっては手で折る手間もかかりますから、それも考慮してサイズを決めましょう。
それではまた次回。

顧客の心をがっちりつかむ「RAKUPAのニュースレター」の実例を無料進呈!ニュースレターのサンプルお申込みはこちら

ニュースレター無料サンプル