おはようございます! ニュースレター作成支援家・ソノショーです。
ニュースレターの作り方の話を進めます。
【ニュースレターの作成 その7】
読みやすければ、縦書き、横書きどちらでもOK
“ニュースレターを作るのに、縦書きと横書きとどちらが良いですか?”という質問をたまに受けますが、結論からいえば、どちらでもOK!
ちなみに、日本語(や、漢字文化圏の文字言語)のように、縦書きでも横書きでもできるというのは、実は世界的にみると珍しい文字言語なのだそうです。日本語って素晴らしい!
とは言っても、1つの紙面に縦書き横書きを混在させると、さすがに読みづらくなるので注意しましょう。
それと二つ折りしたニュースレターや、数ページにわたるニュースレターを作る際に気を付けないといけないことがあります。
それは、「縦書きだと右開きでページが進み、横書きは左開きでページが進む」という大原則です。これを間違うと、ページを読み進める時にとても読みづらいものになってしまうので、必ず守ってください。

ニュースレター作成のツボ

↑縦書きだと、右にページを開いて読みすすめます。

ニュースレター作成のツボ

↑横書きだと、左にページを開いて読みすすめます。

日本の雑誌、冊子は基本的にこの原則に沿っています。二つ折りしたり、数ページにわたるニュースレターを作る際は覚えておきましょう!
それではまた次回。

 

顧客の心をがっちりつかむ「RAKUPAのニュースレター」の実例を無料進呈!ニュースレターのサンプルお申込みはこちら

ニュースレター無料サンプル