こんにちは!ニュースレター作成支援家・ソノショーです。

今日も「ニュースレター作成のツボ」お届けします。

【ニュースレターに書くテーマ】

ニュースレターのテーマはバランスよく組み立てよう。

“お客様から反応を得られるには、どんなテーマで書いたら良いのか?”という疑問は、ニュースレターを作る人にとっておそらく共通の悩みだと思います。

私が理想とするニュースレターは、「適度に尊敬され、適度に好感が持てる」ものです。このバランスがうまく取れたニュースレターがお客様との絆づくりに役立ちます。

このバランス具合は、ニュースレターを読んでもらうお客様が法人か一般消費者かによってずいぶんと違ってきます。法人向けのニュースレターだと尊敬の部分を多くしますし、一般消費者向けのものなら好感の部分を多くします。

本当なら、「その比率は○対○」と具体的に示せれば良いのでしょうが、こればかりはケースバイケース。業種やその人のキャラクターによってかなり左右されますので、一概には言えません。

ただし、私のこれまでの経験でいうなら、一般消費者向けのニュースレターなら好感が6~8割を占めているもの、法人向けなら尊敬に当たる部分が5~7割を占めているものがバランスが良いと考えています。そしてこれはブログを書く時も同じではないかと思います。


みなさんがご自分で作っているニュースレターはいかがですか?ぜひご意見をお聞かせください。

ではまた次回。

顧客の心をがっちりつかむ「RAKUPAのニュースレター」の実例を無料進呈!ニュースレターのサンプルお申込みはこちら

ニュースレター無料サンプル