こんにちは!ニュースレター作成支援家・ソノショーです。

今日も「ニュースレター作成のツボ」お届けします。

【ニュースレターの発送方法】

ニュースレターの宛名は手書き? シール?

皆さんは、ニュースレターを送る際の「宛名」はどうやっていますか?

1)手書きする。

2)宛名シールを作って、封筒に貼る。

3)紙製の封筒に直接印字する。

4)宛名を印字した紙を透明封筒のなかに封入する。

と、おそらくこの4つのどれかだと思います。一番多いのは(2)ではないでしょうか。私の手元に届く送付物も、この(2)が最も多いです。

では、ニュースレターの宛名にはどれが最も適しているか?ということですが、一番良いのは(1)。やはり、手書きの宛名には温かさが感じられるので、ニュースレターにはピッタリです。

ニュースレターは、売り込み目的のものではなく、お客様へのお手紙やお便りと同じものなので、ダイレクトメール的な臭いの強い宛名シールは今ひとつしっくりきません。

ただ、「手書き」はどうしても手間がかかります。それが理由でニュースレターを出すのがおっくうになり、発行が止まってしまうぐらいなら、手書きにこだわらなくても良いです。発行を続けるほうが大事ですから。

また、飲食店や美容室など、ニュースレターを送る相手が1000部を超えるような業種でも、宛名を手書きするというのは現実的ではありません。

手書きは現実問題として難しく、宛名シールは味気ない…そうなると、残りは(3)か(4)ですが、私がお勧めするのは(4)です。

「(3)紙製の封筒に直接印字する」というのは、印字シールが不要なのでコスト削減はできますが、「紙製の封筒でないと対応できない」「紙製の封筒を使うと中身が見えないので、開封するきっかけを作りにくい」「雨に弱い」「印字に失敗する確率が高い」などのデメリットがあります。

私が毎月発行しているニュースレターも、(4)の方法を使っています。

ニュースレターで顧客増するための秘密のツボ

↑プリンタから出力したところ。A4用紙に2つの宛名を印字してから、2つに裁断して使っています。なぜこんな方法にしているかについては、次回説明します。