こんにちは!ニュースレター作成支援家・ソノショーです。

今日も「ニュースレター作成のツボ」お届けします。

【ニュースレター発送方法】

ニュースレターの宛名出力の小ワザ

昨日の記事の続き。
私の場合、ニュースレターの宛名はシールでなく、宛名を印字した紙を透明封筒のなかに封入しています。その理由は昨日のブログに書いた通りです。
しかもA4用紙に2つの宛名を印字してから、2つに裁断して使っています。なぜこんな方法にしているかというと、一番の理由は、透明封筒の中に入っているニュースレターがチラッと見えるようにするためです。
ニュースレターで顧客増するための秘密のツボ
ニュースレターは定期的に送るので、受け取る人は最初はもの珍しさも手伝って、届くとすぐに開封してくれるのですが、毎回毎回送っているうちに慣れっこになってしまい、届いても「そのうち読もう」とわきに置かれるようになりがちです。
ですので、ニュースレターの巻頭記事に関心を持ってくれそうなキャッチコピーを付けて、それが封筒の外からも見えるようにしています。
ただし、A4サイズを半分に切っている(つまりA5サイズにしている)ので、封筒のなかでずれてしまうのが玉にキズ(笑)。ま、そこまで完璧を求めなくてもいいでしょう。
ちなみに、A4用紙に2つ並べて印字するのは、プリンタの「割り付け印刷」機能を使います。プリンタ出力する前に、プリンタ設定画面を呼び出して、「割り付け印刷」を選ぶと出来ますよ。「A5」で割り付けし、「A4」で出力するのがポイントです。

ではまた次回。

顧客の心をがっちりつかむ「RAKUPAのニュースレター」の実例を無料進呈!ニュースレターのサンプルお申込みはこちら

ニュースレター無料サンプル