こんにちは!ニュースレター作成支援家・ソノショーです。

今日も「ニュースレター作成のツボ」お届けします。

【ネーミング】

ニュースレターのタイトル付け

ニュースレターを作る時に、最初に考えることの一つが、「タイトル」ですね。いわゆる「ネーミング」ってやつです。良く使われるのに、「○○新聞」「○○便り」というのがあります。これなら誰が見ても、「これはニュースレターだな」という安心感がありますよね。ニュースレターの場合、この「安心感」はけっこう重要なので、私もこうしたネーミングをよく使います。

それとは逆に、「これ、何?」と思わせるタイトルも印象に残ります。私が出しているニュースレター、「らくぱのぱ」もこの類です。

私がクライアントに提案するニュースレターのタイトル案は、通常、3案出しています。オーソドックスなものと、それを別の言葉で表現したもの、それにまったく異なるタイプのもの、という3案です。「本命」、「対抗」、「大穴」みたいな感じでしょうか(笑)。

ニュースレターに限らず、タイトルにはその紙面のテーマが含まれるはずなので、タイトルが決まると紙面の雰囲気をどう作るかが見えてきます。

いずれにしても、ニュースレターのタイトルは、お客様とのコミュニケーションに使われるものなので、親しみを感じてもらえ、かつ印象に残るタイトルが良いですね。

ではまた次回。

顧客の心をがっちりつかむ「RAKUPAのニュースレター」の実例を無料進呈!ニュースレターのサンプルお申込みはこちら

ニュースレター無料サンプル