昨日打合せにお伺いしたオール電化工事会社のM社長との会話。

オール電化は最近の省エネブームの大きな流れにのっている成長分野ですが、その分、競合が進出してくる割合もやはり高いようです。

当然そこにはなんらかの戦略が必要になってくるわけで、例えばその中の顧客戦略の一環として、M社長はニュースレターを発行しているわけです。

それと同じように、私のやっているニュースレター作成支援サービスもここ最近ネット上でみる限り、競合?がずいぶん増えてきました。

ただ決定的な違いは、私の場合、クライアントの会社の完全オリジナルのニュースレターを作るのですが、ネット上でサービスしている会社は、ニュースレターのテンプレート(ひな型)を販売しているのがほとんど。

オリジナルのニュースレターを作るのは手間がかかりますが、その分出来上がりの親しみやすさは確実に違うと思うのですが、いかがでしょう?

同じサービスを提供するにしてもなんらかの差別化は間違いなく必要ですよね。

福岡でニュースレター作成するなら、RAKUPA。ニュースレター作成の秘訣はこちらをクリック!