パソコンでニュースレターを作ろうと思っても、パソコン特有の固い文字書体では、なんとなく温かみに欠けますよね。そんな時は「手書きフォント」を使いましょう。使い方もそれほど難しくはありません。

ここでは私が実際に使ってみてお薦めできる手書きフォント6種を紹介します。ここで紹介しているのはすべて使用料金のかからないフリーフォントのみですが、有料の手書きフォントや、自分で書いた字をフォントにできるソフトも数種あるようです。また、手書きフォントをプリンタでなく、印刷して使うには、「アウトライン化」の処理が必要になってきます。詳しくは印刷会社の方にご相談を。

オリジナルフォントみかちゃん  →入手先
ソフト:フリー(無料)
対応OS :Windows、MAC、LINUX
対応文字:ひらがな、カタカナ、英数、JIS第一水準、第二水準
みか

えるまーフォント →入手先
ソフト:フリー(無料)
対応OS :Windows
対応文字:ひらがな、カタカナ、英数、JIS第一水準、第二水準
エルマー

ふい字 入手先
ソフト:フリー(無料)
対応OS :Windows、MAC OS X
対応文字:ひらがな、カタカナ、英数、JIS第一水準、第二水準
ニュースレター用の手書きフォント

やまフォント→入手先
ソフト:フリー(無料)
対応OS :Windows
対応文字:ひらがな、カタカナ、英数、JIS第一水準、第二水準
ニュースレター用の手書きフォント
あくあフォント →入手先
ソフト:フリー(無料)
対応OS :Windows、MAC
対応文字:ひらがな、カタカナ、英数、JIS第一水準、第二水準
ニュースレター用の手書きフォント
アームド・レモン 入手先
ソフト:フリー(無料)
対応OS :Windows、MAC
対応文字:ひらがな、カタカナ、英数、JIS第一水準、第二水準
ニュースレター用の手書きフォント

※同じフォントでも「みかちゃん」「みかちゃんP」「みかちゃんPB」のように数種用意されているものがあります。「P」はプロポーショナル・フォントといって、1文字分の幅が文字によって異なるフォントです。また、「B」はボールドの意味で太字のことです。

フリーフォントについての基本的な知識はこちらを参考に。

手書き風フォントが入手できるサイト
フォントふぉんとfont.com
Vector (※トップページから「手書きフォント」で検索)
窓の杜