雑誌や書籍もそうですが、ボリュームの多いニュースレターだと、ずっと同じテーマで語られていると読み手にとっては疲れることもあります。

ニュースレター集合写真

そういった場合は箸休めとして商品・サービスに直接関わりのないコラムなどがあるといいですね。ニュースレターの紙面を飾るのに適したコラムには、例えばこんなものがあります。

  • 知って得する雑学
  • 今話題のこんな流行語
  • お手軽料理レシピ
  • 暮らしの歳時記・イベント情報
  • 4コマ漫画
  • クイズ・クロスワードパズル

 これらのコラム記事のなかでも、例えば読者プレゼントのコーナーなどは、単純に自社商品をプレゼントするだけでなく、例えば、あなたが最近読んで感動した本という記事を掲載して、その号の読者プレゼントコーナーでその本をプレゼントすると、

  1. その本を読んで感動したというあなたのパーソナリティが伝わる
  2. それを読んだお客様の感想を掲載して、さらに感動が拡がる

という流れを作ることができます。ここでもやはりコミュニケーションが大事ということですね。

また、クイズなどは、出題して、紙面の端にその答えを掲載するという使い方よりも、解答掲載を次号に先送りすることでお客様との会話のネタになることもあります。「今度の問題、難しかったねェ。あの答えは何?」といった具合に、お客様のほうから話を持ち出されるれることもあるでしょう。