G.W.はいかがでしたか?私は、妻子供と、孫の帰りを待つ実家(えびの)に帰り、さらに鹿児島まで足を延ばしました。

鹿児島は私にとっては大学時代を過ごした地。今回は大学キャンパスまで行くことはできませんでしたが、懐かしい味を堪能してきました。

それは、餃子の王将の天津飯(笑)。鹿児島大学近くの餃子の王将には当時よく通いました。まさに青春の味。

“なぜチェーン店の味が懐かしいんだ?”とお思いでしょうが、実は九州南部の餃子の王将は、京都王将大阪王将、どちらのFCでもないのです(京都とはライセンス契約らしい)。なので別の店と思ってください。

王将のFC店は餃子以外は各店舗でメニューを開発していいことになっているので、店舗間の味の格差が元々あるのですが、それにしても鹿児島王将は他の地域とはかなり味付けが違い、鹿児島の地になじんだ味になっています。

九州南部のあの甘ったるい味付けで育った私には、とても美味しく感じるのですが、他県の人にはかなり不評のよう。ちなみに私は福岡に来て初めて王将で食べた時、全く口に合わなかったのでそれっきり行ってませんが、そのくらい違います(笑)。

鹿児島市内に数店舗ありますので、もし機会があったら一度お試しください。私のお勧めは天津飯、から揚げ、ホイコーローです。

ところで、5月4日付けの日経MJ紙に王将フードサービス(←京都王将)の記事がありましたが、この不況下でも最高益を出しているようですね。
王将

連休明けからB級グルメで熱く語ってしまいましたが、仕事も今日からかなり詰まってます。早く取り掛かからねば(笑)。

今日の話には全く関係ありませんが(笑)、
魅力的なニュースレターを作りたいはどうぞ
↓↓無料サンプル版はこちら↓↓
ニュースレター資料請求バナー