私の仕事は「ニュースレター作成支援」ですが、それはニュースレターを出したいと思っている顧客の代わりにニュースレターを作成代行することが目的ではありません。

問合せを頂いた会社を訪問してお話を聞いているうちに、ニュースレターを出す前にまずやるべきことが見えてくることも。

例えば、自社の魅力が経営者自身で不明確だったり、顧客リストがほとんどなかったりとさまざまなケースもあるわけで。

そんな場合はまずは地ならしが必要で、そこからお手伝いさせていただくわけです。

私自身も「ニュースレター作成代行」というセルフイメージは持っていません。私が使命を持ってやっていることは、私のクライアントとなる会社やお店の方が、ご自分の顧客と上手くコミュニケーションをとり、信頼関係を深められることです。

だから、ニュースレターよりも別の手段でお客様とのコミュニケーションが取れる方法があって、そちらのほうが顧客との関係性が深まるのなら、無理にニュースレターを出さなくてもよいわけです(極論ですけど(笑) )。

私としては、的を射た造りのニュースレターは、顧客コミュニケーションツールとしてはかなり強いと思いますが、いかがでしょう?