年末から年明けに関して、ニュースレターに関する問合せや新規クライアント様の制作が続いている。ありがたい。

今のところ外部スタッフ(ライター、デザイナー)の協力をいただいて、制作のやりくりをしているが、どこかの時点で制作体制を見直さないといけないのかもな~。

そんななか、「プレジデント」のバックナンバーを読んでいたらこんな記事が。

「企業が成長するためにの手段として何を選ぶか。枠組みを変える成長の手段は3つしかない」。

これは経営学者アルフレッド・D・チャンドラーJrの言葉。(ちなみに彼の1962年の著書『経営戦略と組織』は、軍事用語である「戦略」という言葉を経営学の本としてタイトルに使ったものだそうだ)。

その3つの手段とは…。

1)地理的拡大

  • グローバリゼーション。製品をより広い市場へ供給していく。

2)垂直統合

  • バリューチェーンの組み替え。原材料の内製化や直販化。

3)多角化

  • 主力事業の多様性の拡大。新規事業の立ち上げや買収。

の3つ。このうち2つの選択肢を同時追求するのは可能だが、3つの選択肢を追求すると混乱を引き起こしてしまう。ソニーなど日本の電機メーカーが苦しんでいる要因もここにあるとか。

IBMもDELLも(2)、(3)を捨てて、(1)に絞り込むことで事業の方向性が明確になっている。

…と、なかなか面白い記事だったが、あくまでもこれは大企業の話。自分自身に翻ってみると、まずは足元を固めることが重要ですね。

「小さくても強い会社」を作るというのが私の理想です。


顧客づくりの戦術なら「ニュースレター

【今後のセミナー予定】
2月17日(水)19:00博多商人塾「ニュースレターの達人」
2月8日(月)18:00九州ベンチャー大学でゲスト講師