現在、「平成29年度補正(平成30年実施)小規模事業者持続化補助金」が公募中です。

補助金

なんだか小難しい名前の補助金なので、ご自分に関係あるのかないのか判断しにくいと思われる方もいらっしゃると思いますが、実はこの補助金、小規模事業者にとってかなり広範囲で使えるものなんです。販促用のチラシの作成・配布、販促用PRにも使えるのです。もちろんニュースレター作成にも使えますよ。

「小規模事業者持続化補助金」のポイントは次の通り。

  • 経営計画に基づいて実施する販路開拓等の取り組みに対し、原則50万円を上限に補助金(補助率2/3)が出ます。
  • 計画の作成や販路開拓の実施の際、商工会議所の指導・助言を受けられます。
  • 小規模事業者が対象です。
  • 申請にあたっては、地域の商工会議所へ「事業支援計画書」(すべての事業者)、「事業承継診断票」(代表者が60歳以上のすべての事業者)の作成・交付を依頼する必要があります。

例えば、弊社でニュースレター作成する場合、すべてお任せの「フルコース」だと、A4判両面の制作費が1号あたり税込86,400円。2ヵ月に一度発行すると年間で税込518,400円となります。これがこの補助金を利用すれば、3分の1で済むわけですから、税込171,072円となるわけです。なんと1号あたり税込28,512円でできてしまいます。

「ニュースレターを出したいけと、予算が…」という方はこの機会にぜひ。ただし、申請書の締切が5月18日(金)と迫っていますので、すぐに取り掛かったほうが良さそうです。ぜひお近くの商工会議所や商工連合会に相談してみてください。

商工会の管轄地域で事業を営んでいる小規模事業者の方はこちら。
全国商工会連合会

商工会議所の管轄地域で事業を営んでいる小規模事業者の方はこちら。
日本商工会議所小規模事業者持続化補助金事務局