こんにちは!ニュースレター作成支援家ソノショーこと園田正一郎です。

今日も「ニュースレター作成のツボ」お届けします。

【顧客作り】

やったほうが勝ち。

昨日は、福岡の某飲食関係団体様に招かれ、その会が月イチで開催しているパワーランチでセミナーをやってきました。テーマは「顧客作りは“情報発信”がカギ」。一番お得意なテーマです。
会場は博多リバレインの「ルモンド・ガーデン」。レストランウエディングにも使われるゴージャスな雰囲気のレストラン。↓
ニュースレターで顧客増するための秘密のツボ
セミナーには、飲食店のオーナーさんのほかに、飲食業向けのサービスを行なっているメーカーさんなどが集まり、食事をとりながらその方々のプレゼンを聞くというスタイル。私も一緒にリッチなランチをいただきました。ありがとうございます。
そして、ランチも終わり、私のセミナー。いただいた時間は45分ほどだったのですが、飲食店様向けに新たに調べたネタもあってそれをどうしても伝えたかったので、かなり早口に…。
セミナー途中で、「お店のブログを持っている人」、「facebookをやっている人」など挙手をいただいたのですが、取り組んでおられる方が予想以上に少なかったです。お店からの情報発信がいかに大事かということをもっと伝えていかねば、と思った次第。
確かにブログもfacebookも手間がかかり、面倒。ニュースレターに至ってはコストもバカにならない。なので、大抵のお店はこうした情報発信が後回しになってしまうわけです。
だからこそ!
やったほうが勝ちなのです。
何を情報発信したらいいか。お店の基本データはもちろん、メニューやアクセス方法。いろいろあるはずです。私がおすすめするのは、そこに「お店の人の思い」を入れること。これで他のお店と確実に差別化できます。いわばお店のプロフィールですね。

他店と圧倒的な差別化ができる「メッセージ型プロフィール文章作成」サービス→こちら