こんにちは!ニュースレター作成支援家ソノショーこと園田正一郎です。

今日も「ニュースレター作成のツボ」お届けします。

【顧客づくり】

リピーター客を作るのが顧客づくりの本質。

ニュースレターで顧客増するための秘密のツボ

会社やお店にとって、自社のサービスを利用してくれたり、自分のお店の商品を買ってくれたりする方々を「お客様」と呼びます。

経営者や店主にありがちなのが、「新しいお客様が増えることをとても喜ぶわりには、リピート利用してくれるお客様のことをそれ以上に大切に扱っていない」ことです。

つまり、“自社のサービスが良いから、繰り返し利用してくれるのだ”とか、“うちの商品は他とは違うから、繰り返し買ってくれるんだ”と思いがちだということです。

確かに商品力が優れていることは重要なことですが、でもいまどきどこのサービスも商品もけっこう優れていませんか?(私自身も、最近、飲食店を利用して、まずいと思ったことがありません。)

お客様は、他にも同じようなサービスがあるなかで、あなたの会社のサービスを利用してくれているわけです。他にも同じような商品があるなかで、あなたのお店から商品を買ってくれているわけです。そうしたリピート客を増やすことが顧客づくりにおいて、もっとも重要なのです。

逆にいえば、一度利用しただけのお客様をいかにしてリピート客にしていくかが、顧客づくりの本質だと言えます。
世の中には新規客獲得のための広告やマーケティング手法であふれています。あなたの会社のサービスを一度利用してけっこう満足しているお客様で、次回利用しても良いと思っているお客様でも、もしあなたからのアプローチが何もなかったら、もしかしたら他の会社に流れていくかもしれません。
怖いのは、そうしたお客様は何も言わず、黙ってよそに流れていってしまうことです。あなたはそこに気が付いてないかもしれません。
「一度利用のあったお客様をリピート客にすること」「一度接触のあった見込み客を自社の顧客にすること」は、あなたがどんなアプローチをしているかに大きく左右されるのです。
ニュースレターは、そうした場面で非常に効果を生むツールです。

顧客の心をがっちりつかむ「RAKUPAのニュースレター」の実例を無料進呈!ニュースレターのサンプルお申込みはこちら

ニュースレター無料サンプル