前回の「ニュースレターに合う手書きフォント」の話からちょっと間が空いてしまいましたが、引き続きニュースレターの作り方を解説します。

ニュースレターを手作りするには、手書きのほかにワードやエクセルなどのパソコンソフトを使う方法があり、パソコン独特の固い書体を避けるために、手書きフォントを使いましょう、というのが前回の話でした。

では、デザインはどうすればいいのでしょうか?ワードはあくまでもワープロソフトなので、ちょっとデザインを工夫しようとすると、けっこうやっかいです。エクセルはそもそも表計算ソフトなので、デザインには不向きですね。

そういう時に便利なのが、マイクロソフト社が提供している「テンプレート」です(「マイクロソフト テンプレート」で検索)。こちらのサイトには、ビジネスや家庭で使うさまざまなテンプレート(ひな型)が用意されています、例えば、見積書や請求書、履歴書、あいさつ状などのテンプレートのほか、「ニュースレター」のテンプレートもちゃんと用意されています。

デザイン的にはあまりバリエーションはありませんが、自分でいちから作るのが面倒な人にはこういったものを使うのも一案ですね。

↓私が主催メンバーの一人に加わっています。よろしくお願いします。
信用調査会社代表が明かす「企業に必要な戦略」についてのセミナー開催!
ぜひご参加ください。詳しくは
こちら。

福岡でニュースレター作成するなら、RAKUPA。ニュースレター作成の秘訣はこちらをクリック!