今回紹介するのは箱根駅伝を舞台にした映画『風が強く吹いている』。

風が強く334147_01_03_02

映画『風が強く吹いている』公式サイトより

映画概要:直木賞作家・三浦しをんの同名ベストセラーを、小出恵介と林遣都主演で映画化したスポーツ青春ドラマ。大学の弱小陸上部を舞台に、一人の天才ランナーと8人の個性溢れる素人ランナーが、挫折を味わったエリート・ランナーに率いられ、<箱根駅伝>出場という無謀な挑戦に心を一つにして立ち向かっていく姿を、臨場感溢れるレースシーン満載でさわやかに綴る。監督は大森寿美男。2009年公開。

箱根駅伝といえば、お正月の風物詩。私も毎年テレビ中継で見ていますが、マラソンと違って1つのタスキを10人がつないでいくというところに、何ともいえないドラマがあります(例えば、制限時間内にタスキを渡せず、繰り上げスタートとなるところとか)。

この映画でも、練習・予選・本番と走るシーンがてんこ盛りですが、ただ走るだけの姿が最後には神々しく見えてきます。特に主演の一人、林遣都の走る姿が美しいこと! これだけでも見る価値アリです。

映画のなかでこんなセリフが出てきます。
「長距離選手を褒めることばって、何だかわかるか?」
「“速い”じゃないんですか?」
「俺は“強い”だと思う。」

「速くなること」でなく「強くなること」。これって、「速くなること」を言い換えて、「売上高を目指すのでなく、強くなること」「事業規模拡大でなく、小さくても強くなること」ってしてみたら、そのまま経営にも当てはまりそうですね。

ちなみに私は小林高校(宮崎県)出身なのですが、実はここは高校駅伝の名門校で、全国高校駅伝大会でも過去7回ほど優勝しております。体育の授業もやたらランニングが多く、平気で10kmぐらい走らされてました。運動が苦手な私にとっては思い出しても大変でしたが(涙)。

(2009.12.1投稿/2016.1.12 修正)