現在、公開中の映画「ファウンダー」を観てきました。

<あらすじ>1954年のアメリカ中西部。52歳のレイ・クロックは、シェイク・ミキサーのセールスマン。ある日、普段は売れないミキサーを8台も注文してきた客に興味を抱き、尋ねてみることに。そこにはディック&マック兄弟が経営する人気ハンバーガー店<マクドナルド>があった。合理的な流れ作業のスピード・サービス・システムで、しかも高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジネスを思いつき、兄弟を説得し、契約を交わす。次々にフランチャイズ化を成功させていくが、利益を追求するレイと、兄弟との関係は急速に悪化。やがてレイは、自分だけのハンバーガー帝国を創るために、兄弟との全面対決へと突き進んでいく…。(公式サイトより一部引用)

映画

それまで時間がかかっていた調理が誰でも30秒でできるシステムを開発したマクドナルド兄弟。そして、そのアイデアを全米にフランチャイズ化したレイ。私たちが手軽にハンバーガーを食べられるようになったのはこの人たちの恩恵によるものでしょう。しかしその裏ではこんなドロドロとした物語があったとは!

シェイクの品質を保つために、生乳を使うことを譲らないマクドナルド兄弟に対し、フランチャイズ店で勝手に粉末パウダーを使うレイ。彼は更にマクドナルド兄弟との契約に抵触しないように別の不動産会社をつくり、フランチャイズ店が使用する土地を購入して賃貸料を受け取る方法に切り替えることで支配力を強大なものにしていくのでした。

レイの経営手法はひと言でいうと「えげつない」ものです。品質よりも利益を優先するやり方は、アメリカ的資本主義の影の部分を描き出しているといえます。嫌悪感すら感じますが、経営手腕の凄さには恐れ入ってしまいます。単純に善悪ではくくれないという感じでしょうか。

社長専門コンサルの牟田學氏は著書『打つ手は無限』のなかで、「量や規模を追求するのが覇道、質を追求するのが王道。社長は、覇道を目指すのか、王道を目指すのかを決める必要がある。でなければダラダラと経営し、思い込みが弱くなって念願は達成できない」と書いています。マクドナルド兄弟は王道を目指しましたが、覇道を目指したレイに打ち負かされてしまったのです。王道が勝つには何が必要だったのでしょうか?

映画「ファウンダー」は、福岡市内では1館のみKBCシネマで上映中です(2017年9月1日まで上映)。もし見逃した方は、ユナイテッド・シネマトリアス久山や、ユナイテッド・シネマなかま16で9月16日から公開予定です。