東京証券取引所の大発会で書家の紫舟さんが披露した「日本力」という書。とても力強さを感じる書です。

紫舟さんと言えば、大河ドラマ「「龍馬伝」のタイトル字を書いた人で、私のなかでは繊細な書を書かれる方というイメージでしたが、この肉太な「日本力」という筆致に、彼女の祈りにも似た願いを感じます。

今年は、日本人一人ひとりが「日本力」を発揮して復興する年にしなければなりません。日本人ならそれができると信じます。

以下の画像はサンスポのニュースサイトの記事より。