昨日はクライアントのW社へ訪問。次号のニュースレター用に経営者のHさんの取材を行なってきました。
Hさんは輸入車部品の卸業として西日本でナンバー1の存在。しかし決して規模の拡大は目指さす、いつもお客様の立場から見てどうなのか、という観点で業務の改善を続けてこられてきました。それだけに、言葉ひとつ一つがどれもリアルで、私も同行したライターの方も、一緒に“ナルホドッ!”とうなづくことしきりでした。
ニュースレターの仕事をやっていて良いのは、こんな風に素晴らしい経営者の方のお話を何度も直接聞くことができることです。私自身が非常に学ばせていただいております。感謝!
福岡でニュースレター作成するなら、RAKUPA。ニュースレター作成の秘訣はこちらをクリック!