今日の日経MJ紙を読んで初めて知ったが、「ミッドナイト・チェックイン」というのがあるそうだ。

宿

例えば、休日出勤した翌週に代休を取ることになったとする。もう1日有給休暇をつけて、2日間休みにすれば、1泊旅行することができるが、それはあまり現実的でない。

そこでこのプランの登場だ。平日仕事が終わってから出発して、深夜に宿に到着。チェックインして、その夜は寝るだけ(宿によっては夜食あり)。翌日起きたら、ゆっくりとブランチを味わい、その後は部屋でのんびりしたり、散歩をしたりして満喫する。そして夕食を終えたらチェックアウトというのが「ミッドナイトチェックイン」の流れになっている。

要は宿泊施設側の平日対策として導入されたものだが、使う側からしても意外に使い勝手が良いのかも。

実はこれは一部のホテルの話でなく、九州でも少しずつ増えていている。実際、「宿あそび」というサイトで調べてみたら、九州では、

  • [佐賀県] 美肌の宿 和多屋別荘
  • [長崎県] 九州ホテル
  • [鹿児島県] 温泉ホテル中原別荘

がミッドナイト・チェックインを導入していた。

この不況で、確かに財布の紐はかたくなってはいると思うが、アイデア次第ではまだまだいろいろなやり方があるのだと思わせる話だ。