商売をするうえでは、多かれ少なかれ「宣伝活動」が必要になってきます。お客様が財布の口を開けるかどうかは、お客様の意志次第ですから、「今、お客様の気持ちがどう動いているか」を常に考えることが、商売を成功させる大きなポイントになります。


お客様との関係性にはきちんとしたステップ(段階)があるので、まずはそれを知ることが大切です。



  1. お客様があなたや、あなたの商品・サービスを知らない。

  2. お客様があなたの商品・サービスを知っている。

  3. お客様があなたの商品・サービスに興味がある。

  4. お客様があなたの商品・サービスに対して信頼を持つ。

  5. お客様があなたの商品・サービスを試しに利用してみる。

  6. お客様があなたの商品・サービスにお金を払って利用する。

  7. お客様があなたの商品・サービスを繰り返し利用する。

  8. お客様があなたの商品・サービスを人に勧めるようになる。

この8の段階まで来たお客様をどれだけ抱えているかが、商売が繁盛するかどうかにかかわってきます。


そしてそれぞれの段階で、アプローチの方法も違ってきます。あなたの扱っている商品やサービスはそれぞれの段階でアプローチの方法を変えていますか?




顧客づくりの戦術なら「ニュースレター

↓↓無料サンプル版↓↓
ニュースレター資料請求バナー