昨晩の「ワールド・ビジネス・サテライト」。

WBS20091228_o1

特集のテーマは携帯電話。「産業や生活を大きく変えたケータイの10年の進化を振り返りながら、日本経済がこの先10年進むべき道を探る」という内容で、なかなか見応えのある内容だった。

「iモード」が登場したのが1999年。その頃タウン情報誌の編集部にいた私(たち)は、間もなく、「どうやって携帯を使って情報発信をやっていくか」を手さぐりなから進めていくことになったのですが、紙媒体と違って、即時性を重視する携帯での情報発信には、かなりてこずった思い出があります。

あれから10年。

だれも創造しなかったほどの進化を遂げた携帯の世界ですが、これからもまだまだ伸びていく、と番組では締めくくっていました。

私の携帯は、前回買い換えたのが2年前。当時ワンセグTVが観られる最新機種だったが、今ではすっかり当たり前。というかそろそろ買い替え…。

次はTwitterを使うことをメインに考えてみようか。