今日の新聞やTVニュースで、盲目の日本人ピアニスト・辻井伸行さんが第13回バン・クライバーン国際ピアノコンクールで優勝した話をやっていた。

↓こちらはある演奏会での1シーン

演奏する姿をテレビで見たが、とても盲目とは思えない演奏ぶりに驚いた。もはやこの人にとっては盲目であることは、何の障害でもないのかもしれない。

ヘレン・ケラーの言葉を思い出す。

「私はこんなにたくさんのものを与えられたのです。与えられなかったものについて考える暇はありません」

私たちは自分が持っているものが当たり前だと感じ、感謝することが少な過ぎるかもしれない。少なくとも不満をいうのは間違いだろう。